御門のキモチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 手術は無事に終わった。でもまだ終わったわけじゃない。

<<   作成日時 : 2007/11/08 18:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

昨日、御門は腫瘍の摘出手術を受けました。

夕方6時に引き取りにいったときの御門は、でっかいエリザベスカラー(5Lだそうです)をつけ、右足にギプス。私の想像以上の格好になっていました。

10月21日
右後ろ足のひざ(外側)に、なにやら直径5mmくらいの脂肪のかたまりのようなものを見つける。
おでき、というよりは血の塊・血豆のようなカンジ。
皮膚の下にあるので、はっきりとわからない。
大きくなるようなら、病院にいかなくてはならないか・・・。

10月26日
右後ろ足のひざにある脂肪のかたまり(のようなもの)が、実は1月23日(今年の)あったことが、記録から判明する。サイズ・色等書いてないから同じものなのかどうかはわからない。
夏の間は気づかなかったから、いったん無くなってまたできたのだろうか?わからない。
脂肪の塊のようなものが黒っぽいのが気になる・・・。1月に出来たときも黒かっただろうか?
黒かったらそう書いているような気もするんだが・・・。

10月28日
やはり気になるので病院に行くことにした。
脂肪の塊のようなものを注射器で取って、内容物が良性のものか悪性のものか調べてもらいたかったのだが、内容物が薄くて平べったいので注射器での採取はムリだといわれる。
組織検査をするなら全部摘出=手術だといわれる。
見ただけでは、良性とも悪性とも、はたまた、コレ(脂肪の塊のようなもの)がどういったもか、判断出来ないといわれる。ただ、脂肪ではないらしい。
リンパ節の腫れは見られないとのこと。
今後の対応として、
 1)しばらく様子を見て、(脂肪の塊のようなものが)大きくなるようなら再度検討する
 2)手術して全部摘出し、組織検査にまわす
 
どう考えても、良性か悪性かわからないのだから、全部摘出して組織検査にまわすことが今出来る最善の選択なのだが、頭でわかっていても「じゃ、手術してください」と即決できなかった。

御門のことをよく知っていて、なおかつご自身もわんこを飼っていて、いろいろ知っているspro utさんに即効相談する。やはりsproutさんも手術に踏み切ったほうがよいとの考え。

手術することを決める。

10月30日
手術前検査を受ける。レントゲン・心電図・血液検査の結果に問題はなく、来週の水曜日に手術することが決まる。
切除部位は腫瘍を中心として前後2センチずつぐらいの楕円形になるらしい。そして、手術部位がひざの横で動きやすいために、術後に傷口が開きやすいということ、そのためギプスや包帯といったものが必要になることの説明を受ける。
抜糸までは2週間との事。

10月31日
気のせいなのか、腫瘍が大きくなってきている気がする。

11月1日
やっぱり大きくなってきている気がする。
気になってしょっちゅう見ているから?

11月2日
腫瘍、大きくなってはいないみたいだ。
どうも気にしすぎで大きく見えているようだ。
いかん、いかん。悪いことばかり考えててはイカン。

この間、ネットで腫瘍について調べてみたりする。
調べれば調べるほど、悪い方向にしか考えが及ばなくなってくる。
調べているだけで、涙が浮かんでくる。
今は泣くときではない。
泣くのは、全部終わってから。そう自分に言い聞かせる。

そして、調べるのはやめることにした。
組織検査の結果が出てから、病名がはっきりしてから、再開しよう。

11月6日
いよいよ明日だ。今日は夜10時以降絶食。

11月7日
いよいよ、今日だ。
御門は朝から絶食・絶水。散歩に行った後にご飯が出てこないことや、ハウスに入れられないことから、御門が何か気づいちゃうかな?
9時。家を出る。
普段も車に乗れば、ヒンヒン泣くのに、今日は特別事情を知っているかのように聞こえる。
私はいつも通りでいなければ。

病院に御門を預ける。本当は御門に「ガンバレ」と声を掛けたかったけど、いつもどおりを意識して、特に声をかけなかった。

不思議と、不安は無かったものの、やはり時間がたつのが遅い。
いつもならあっという間に過ぎていく半日がいつまでたっても6時(迎えに行く時間)にならない。

夕方6時。御門を迎えに行く。
御門と会う前に、先生から説明を受ける。
切除は当初の予定通りに行い、切除したもの自体は組織検査にまわされたこと。
組織検査での結果次第ではまたすぐ手術する必要があること。
腫瘍瘍自体は筋肉にへばりついたりすることなく、皮と筋肉の間に独立した状態であったこと。
抜糸ができるまで散歩は控えて欲しいこと。

手術は無事終わった。でもすべてが終わるのは組織検査の結果が出たときだ。
もしかしたら、それは、終わりではなく、始まりになるかも知れないけれど。


半日ぶりにあった御門は、大きなエリザベスカラーと右足に大きなギプスをしていた。
なんだか、麻酔が切れきっていないのか、右足が思うように動かないからか、ちょっと表情がないカンジ。
大きなギプスとエリカラで車に積んであるバリケンには載れず、急遽、バリケンなしで車に乗ることに。

家に着いてエリカラを取ると、パニックかのごとくキャンキャン騒ぎ始める。
あまり、暴れては傷口が開いてしまう。
手術で縫っているから、痛むのだろうか?
痛い→パニック→暴れる→痛い→・・・の悪循環だろうか?

少しして落ち着いてくると、やたらとペッタリとくっついてくる。 
心細かったね。ごめんね。

御門のギプスは包帯タイプのもののようで、硬くは無いけど、結構がっちり巻かれていてひざはあまり曲がらない。
トイレをするのも、座り込むのもままならない。
しばらくはケージに入れそうも無い。

トイレも座るのも、御門が自分でコツをつかむしかなさそうだ。
手助けしてやれないのが、歯がゆい。

 
画像


 
あれから、1日。

御門は自分の思うとおりに、事が進められないのが歯がゆいのか、しょっちゅうクンクン言っています。わかってあげられなくて、助けてやれない自分が情けない。 

でも、座るのとオシッコはだいぶうまくなってきました。
けど、まだう○ちが・・・。
早く、足を曲げなくても出来るコツがつかめるといいのだけれど。

土曜日に消毒のタメ、病院に行きます。

画像


御門の足はこんな具合で、ブルーの包帯ギプス、その上にサポーターを巻いています。
ひざの上から一気に足首まで巻いてしまっているので、ひざが曲がらないのだと思いますが消毒のときにいったん外すでしょうから、巻きなおすときに、ひざの上下でそれぞれで巻いてもらえないかと頼んでみようと思います。
傷口の位置によっては難しいかも知れませんが。


こんな記事をUPして、心配をかけてしまったかもしれません。ごめんなさい
足が思うように動かなくて、ちょっとストレスはあるけど、御門は元気です。

皮肉なのか、運命なのか、組織検査の結果がきっちり1週間後に出るならば、それは御門の誕生日です。
よい結果が出ることだけ、ひたすら願っています。


※昨日以前の事は私がつけている御門の記録から、そのまま写しました。だから、その時々で言っていることがかみ合わないかも知れません。



 

 

 
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
なんと、御門ちゃん・・・痛々しいお姿。。。でも、手術がんばったね!!
そうかぁ、実は犬太も右後ろ足の指の間にあるんだよね・・・先生に診てもらった時にはたいしたこと無いということで、経過観察となって早2ヶ月。
黒くなってますが小さくなっているような気がします。
それにしても、やっぱり日記は役立ちますねぇ〜♪脱帽です。
SHIOSHIO
2007/11/08 18:52
そんな大変なことがあったとは・・。 
御門くん、よく頑張ったね。 あと少しだけ我慢だよ
こんなときニンゲンの言葉が通じたらって心から思っちゃうよね。
ママさんの心配な気持ち、よく解ります。 
きっと良い結果よ
だって御門くんの誕生日ですものね

花とわんこ
2007/11/08 19:25
御門クン、大変だったね。
ぼく、御門クンのママってスゴイって思います!5mmのかたまりを見つけられるなんて。しかも、記録もしっかり取ってるなんて。
ぼくたち、犬って。犬の方がママやパパを選んでるんだよね。
御門クン、あともう少し頑張ってね。
ぼく、応援してるからね。
ももじ
2007/11/08 19:51
御門君大変だったね、、、
手術の場所だけに動き辛いよね、もうちょっとの辛抱、頑張ってね。
結果もいい方向でありますように祈ってます(人`)
実はメリーも背中にあるんですよ、、、
うちの先生は無理にしなくてもいいということで、経過をみている状態です。
どんどん大きくなるようだったら手術しないといけないようですが、今のところ大きさもかわらなくて。
たぶん脂肪ではないかということですが・・・
よくメリーは脂の固まりが出来て、ちょくちょく処置してもらっていたので・・・
採取検査が出来ればいいんですけど、うちのも平べったくて、採取が出来ないと言われました。
メリーのは筋肉にひっついているような感じでなく、動くんですよ。
このまま大きくならないことを願うだけですね。
うめこぶちゃ
URL
2007/11/08 20:05
そうでしたか。。。御門君頑張りましたね、パパさんママさん
ご心配でしょう、良い結果をお祈り致します<(_ _)>
丁度ユウがヘルニアの手術をして1年が経ちます。
あの時は皆様にご心配やら声援を頂きとても心強かったです。
今はその痕も解らないほど、そして元気です^^;
ギブス姿は痛々しいですケド、暫く我慢してね。
ママさんの日記はこんな時とっても役立ちますね。
御門君あんまりママさんを困らせないようにネU。・ェ・。UByユウ
お大事にネ♪
sayuri
2007/11/09 11:32
御門君おかえり〜。無事に手術が終わってよかったね♪
しかし、写真でみると包帯&ギブスすごいですね〜まるで人間の足みたい。
横になっている姿が痛々しい。
いい結果がでるといいね☆
お誕生日と一緒にお祝いできることを祈ってます(*^。^*)。

sprout
2007/11/09 12:19
こんばんは☆
御門君、手術は終わったんですね!
なんか痛そうで、御門さんの日記を見てたら私も泣けてきました。
御門君の事で大変なときに…
りりさんへのコメント、本当にありがとう!!
私も御門さんや皆さんのコメントで、もっとシッカリしないと!って思いました。
今は泣いたりせずに、検査結果を前向きに待っていようと思います。

御門さん、私も手術して正解だと思います!
ウチもまだ結果待ちだけど、お互いに前向きに!良い結果を信じていよう!

御門君、甘えたさんになってない??
今ならタップリ甘えさせてもらえるぞー!
ウチのりりさんは甘えたさんになってるよ♪(o´・∀・`o)ニコッ♪
ちぃ
2007/11/09 19:10
>SHIOSHIOさん
あら〜、犬太くんにもあるんですか。でも、先生に診てもらって経過観察でよいということなら大丈夫なんだと思います。御門の場合は経過観察にしましょう〜って言われなかったんです。あくまで、そういう選択肢もある。って感じで。記録はこういうときにしか役に立たないのですが、できれば役にたつようなことが無い方がよいですよ。
>花とわんこさん
本当に、こういうときは私の言うことを御門がきちんと理解してくれたらどんなによいかと思いますね〜。だって、ひざが曲がらないように固定してあるので、右足はほんの少ししかあがらないのに、座っている私をいつものようにまたごうとして足が引っかかってるんですもの。結局私がどいています(笑)
御門
2007/11/10 18:52
>ももじくん
ももじくん、応援ありがとう。でも、ももじくんのママだってきっと見つけてくれると思うよ。5mmって数字で書くと小さいけど、触ってみるとわかるものです。ももじくんのママは毎日きちんとブログ書いてくれているから、何かあったらきっとブログに書いておいてくれるんじゃないかな?それも立派な記録だよ。
>うめこぶちゃさん
メリーちゃんにもあるんですね。うちも経過観察にしましょう〜って言ってもらえるのを期待していたんですけど、そうはなりませんでした。大きくならないといいですね。それと、もっと簡単に出来る検査の方法が見つかる(開発?)といいな〜と思います。
御門
2007/11/10 19:00
>sayuriさん
ユウちゃんの手術からもう1年ですか〜。早いですね〜。そういえばユウちゃんが手術したなんてすっかり忘れていました。だって、ユウちゃん、いつも元気な姿みせてくれてるもんね〜。
>sproutさん
いつもいつもご心配おかけしています。この日はタオルケット(もちろん使い古し〜)を枕にしていましたけど、次の日にはブンブン振り回すようになり、あえなく没収です。その辺りが御門らしいですけどね(笑)
御門
2007/11/10 19:05
>ちぃさん
ちょっと同じ時期に同じような状況になってしまいましたね〜。私だってちぃさんのブログを見て「同じ状況の人がいる〜、私もがんばらねば〜」って思ったんですよ。ね、お互いにがんばりましょう!
そうそう、御門も普段から甘えっこのところがあるのに、手術以降、ペッタリくっついてきますよ〜。でも、乗っかられると重いのでさりげなく逃げて、寄り添う程度で我慢してもらってますけどね〜。
御門
2007/11/10 19:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
手術は無事に終わった。でもまだ終わったわけじゃない。 御門のキモチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる